<2017年度の事業実施決定!

 

 

多くの方にご協力頂き実施した本企画も、昨年で5回目を終えました。

今後について実行委員会で議論いたしました。

これまでご参加いただいた方の「継続」を望む声をお聞きし、福島ではまだ原発事故の収束もしていない

状況があるにも関わらず、月日とともに全国的にこういった事業が減っていっている現状などけ、

今年も規模を縮小してではありますが、開催要領が決定しました。

     

 

今年も、子どもたちにリフレッシュしてもらいたいと思います。

 

 

開催要領や応募先は、横の「更新情報」でご覧いただけます。

 

 

 

 

      → 「更新情報」へ

      ご協力のお願い[企画概要/福島から徳島へ・子どもふれあい事業]

カンパのお願い-福島の子どもたちにリフレッシュを-

 
 2011年3月11日に発生した東日本大震災は、地震・津波の被害だけでなく

福島第一原子力発電所の水素爆発・放射性物質の拡散という人災を伴いました。

 

 福島県では、故郷を離れなければならない人、

毎日、放射線量を気にしながら生活を余儀なくされている人など

多くの人々の生活を破壊してしまいました。

福島の子どもたちは外出するとき、長袖の服を着て、顔には大きなマスクを着けて、

なるべく放射能に接しないよう出かけています。

今までなら外で思いっきり遊んでいたのに、それもできなくなっています。

 

 その子どもたち・保護者にとって少しでも私たちができることはないかと考え、

夏休みの期間中に徳島の地に招待し、心身の疲れを癒し、元気な姿を取り戻してもらいたい。

そんな思いで -福島から徳島へ・子どもふれあい事業- を計画しました。

(昨年の企画決定の時に、徳島新聞2012年6月5日掲載していただきました)

 

 

-ご協力お願い-

この事業を成功させるためには資金が必要です。

私たちの事業に対し、少しでも力をお貸しください。

よろしくお願いします。

 

[福島から徳島へ・子どもふれあい事業開催要領]


■日程/2016年7月31日(日)~8月5日(金) 5泊6日

 

■宿泊場所/サンシャイン徳島アネックス・日和佐うみがめ荘・月見が丘海浜公園

■行事/川遊び、うみがめ博物館、うずしお見学、動物園、阿波おどり会館、

地元児童との交流会など

■対象/福島県内の小学生以下(20人程度)と付き添いの保護者(10人程度)


主催 さよなら原発徳島実行委員会

事務局 徳島人権・平和運動センター(088-623-2108)

 

<2015年度事業実施のご報告>

 

 

2015年8月2日~8月7日に実施した本企画は、たくさんの方ご協力により

         全日程無事に終了いたしました。

 

今年も、子どもたちの本当にうれしそうな表情が見ることができました。

 

 

この企画に対してご協力いただいたすべてのみなさまに心より感謝申し上げます。

 

<2014年度事業実施のご報告>

 

 

2014年7月28日~8月2日に実施した本企画は、たくさんの方ご協力により

         全日程無事に終了いたしました。

 

今年も、子どもたちの本当にうれしそうな表情が見ることができました。

 

 

企画の経過や、子どもたちの様子は、横の「更新情報」でご覧いただけます。

 

 

この企画に対してご協力いただいたすべてのみなさまに心より感謝申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

 

      → 「更新情報」へ

 


 

<2013年度事業実施のご報告>

 

 

2013年7月29日~8月2日に実施した本企画は、たくさんの方ご協力により

         全日程無事に終了いたしました。

 

子どもたちの本当にうれしそうな表情が見ることができました。

 

 

企画の経過や、子どもたちの様子は、横の「更新情報」でご覧いただけます。

 

 

この企画に対してご協力いただいたすべてのみなさまに心より感謝申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

<2012年度事業実施のご報告>

 

 

2012年7月29日~8月4日に実施した本企画は、たくさんの方ご協力により

         全日程無事に終了いたしました。

 

子どもたちの本当にうれしそうな表情が見ることができました。

 

 

企画の経過や、子どもたちの様子は、横の「更新情報」でご覧いただけます。

 

 

この企画に対してご協力いただいたすべてのみなさまに心より感謝申し上げます。

 

ありがとうございました。