さよなら原発徳島実行委員会とは

        さよなら原発徳島集会 ~再稼働ゼロから、原発ゼロへ~

講演. 『国のエネルギー政策、脱原発について』(仮称)

 

 

2011年3月11日に起こった大地震は、地震の被害だけでなく、

東京電力福島第1原発事故という、甚大な人災を引き起こしました。

政府は、事故収束宣言を出したものの、現地の感覚とはかけ離れており、

現在も多くの人たちが生まれ故郷に帰れず、

健康への不安を抱きながら生活を強いられています。

 

地震による事故の原因究明も安全への保証もない中、

定期検査で停止している原発の再稼働に向けて動き出しています。

地震多発国家において「安全」な原発なんてありえません。

今夏に出されるエネルギー基本計画は、今後の原発を巡る日本の姿が示されます。

私たちは今、力を合わせ、脱原発・省エネルギー・原発に頼らない

新たなエネルギー政策への転換を強く求めていきます。

 

 

[講演者]

伴 英幸さん

(総合資源エネルギー調査会基本問題委員会委員)

 

[プロフィール]

原子力資料情報室共同代表。

総合資源エネルギー調査会基本問題委員会委員、

原子力委員会新大綱策定会議メンバー。

1951年 三重県生まれ

1989年 脱原発法制定運動の事務局スタッフとなる

1995年 同事務局長

1998年 同共同代表。

共著書は『原子力市民年鑑』(七つ森書店)ほか。

 

 

[講演者]

渡部 寛志さん

 

[プロフィール]

2011年3月11日 東北大震災、福島第一原発事故後、

4月に南相馬市から愛媛県伊予市に家族と共に避難。

 

 

[日程]  

2012年7月22日(日) 13:30~16:00

 

[入場料]

500円

 

[場所]

徳島市立文化センター

(☎088-653-2185)

 

 

 

主催 / さよなら原発徳島実行委員会

連絡先 / 徳島県徳島市昭和町3-35-1 徳島人権・平和運動センター[〒770-0942]

電話番号 / 088-623-2108 FAX / 088-653-7001