更新情報[BLOG]

[2017/5/31 更新] 2017年度、第6回交流事業の実施について

 

第6回「福島から徳島へ・子どもふれあい事業」募集要領

 

 

 

目 的      東日本大震災・福島原発事故による心身の疲労を回復し、元気な姿を取り戻してもらう事を目的に実施する。

 

 

 

日 程      2017年7月31日(月)~8月3日(木)

 

 

 

開催地      徳島県徳島市内および海部郡美波町内

 

 

 

内 容    川遊び、スポーツ、バーベキューなど

 

 

 

宿泊先   ○7月31日(月)

 

        ホテルサンシャイン徳島アネックス

 

         徳島市南出来島町2-9 TEL.088-622-2333

 

○8月1日(火)

 

  徳島市立青少年交流プラザ

 

  徳島県徳島市論田町中開47 TEL.088-662-4645

 

○8月2日(水) 

 

南阿波サンラインモビレージ 

 

徳島県海部郡美波町山河内字明神1-1 TEL.0884-77-0709

 

日 程   

 

731日(月)

1700ホテルロビー集合=1800歓迎レセプション

81日(火)

  900ホテル出発=市内観光・自由行動=1500宿泊先到着

 1800夕食

82日(水)

  900出発=1030美波町到着(川遊び・地元の子どもたちとの交流)=1700宿泊先到着=1800夕食BBQ

83日(木)

900出発=観光=1200解散(徳島駅前)

 

 

 

費 用      福島・徳島間の往復交通費は自己負担とします。

 

            *徳島滞在中の経費については、実行委員会にて負担します。

 

 

 

参加対象  福島県内の児童(小学生以下)と付き添いの保護者

 

 

 

募集人員  児童20人、保護者10人以内

 

 

 

募集期間    2017年6月20日(火)必着

 

      別紙フォームに記入の上、FAXにてお申し込みください。

 

なお、希望者多数の場合は抽選とさせて頂きます。

 

参加者の確定後、6月末日までに希望者全員に参加の可否を連絡

 

させて頂きます。

 

 

 

主  催  さよなら原発徳島実行委員会

 

事務局  徳島人権・平和運動センター  

 

           〒770-0942 徳島県徳島市昭和町3丁目35-1

 

              TEL.088-623-2108  FAX.088-653-7001

 

→ 申し込み用フォーム(プリントアウトしてお使いください)

 

 

     第6回「福島から徳島へ・子どもふれあい事業」参加申込書

 

 

 

 

おなまえ

ふりがな

年齢

性別

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住  所

〒    -

 

 

電話番号

(日中に連絡の取れる番号をご記入ください)

 

備  考

 

 

         

       FAX送信先:088-653-7001

 

 

 

 

 

 

 

 

[2016/5/31 更新] 2016年度、第5回交流事業の実施について

第5回福島から徳島へ・子どもふれあい事業開催要領

 

目  的  東日本大震災・福島原発事故による心身の疲労を回復し、元気な姿を取り戻してもらう事を目的に実施する。

 

日  程  2016年7月31日(日)~8月5日(金) 5泊6日

       7月31日 福島空港発(1235)→大阪伊丹空港着(1345

              →徳島着(1630

       8月 5日 徳島(1100)→大阪伊丹空港(1540) 

 →福島着(1645

 

宿泊場所  サンシャイン徳島アネックス(7月31日 1泊)

日和佐うみがめ荘(8月1日 1泊)

      月見ガ丘海浜公園(8月2日~8月4日 2泊)

 

行  事  うずしお見学、川遊び、うみがめ博物館、徳島動物園(遊園地併設)

阿波おどり会館、月見ガ丘海浜公園、地元児童との交流会など

 

募集対象  福島県内の小学生以下と付き添いの保護者

 

募集人員  児童20人 保護者10人以内

 

参加費用  保護者 1人 2万円  児 童 1人 1万円

 

募集時期  2016年6月17日(金)必着

 

      参加希望者は、名前(フリガナ)、年齢、性別、住所、電話番号(連絡の取れる電話)を明記のうえ事務局までFAXにて申込み下さい。

 

その他  希望者多数の場合は抽選とさせて頂きます。参加者が決定しましたら6月末日までに希望者全員に連絡させて頂きます。

 

主  催  さよなら原発徳島実行委員会

事務局  徳島人権・平和運動センター  

           770-0942 徳島県徳島市昭和町3丁目35-1

              Tel 088-623-2108  Fax 088-653-7001

[2015/5/31 更新] 2015年度、第4回交流事業の実施について

第4回福島から徳島へ・子どもふれあい事業開催要領

 

目  的  東日本大震災・福島原発事故による心身の疲労を回復し、元気な姿を取り戻してもらう事を目的に実施する。

 

日  程  2015年8月2日(日)~8月7日(金) 5泊6日

       8月2日 福島空港発(1235)→大阪伊丹空港着(1345)→徳島着(1630

       8月2日 徳島(1100)→大阪伊丹空港(1500

→福島着(1605

 

宿泊場所  サンシャイン徳島アネックス(8月2日~4日 2泊)

日和佐うみがめ荘(8月4日~5日 1泊)

      月見ガ丘海浜公園(8月5日~8月7日 2泊)

 

行  事  うずしお見学、川遊び、うみがめ博物館、徳島動物園(遊園地併設)

阿波おどり会館、月見ガ丘海浜公園、地元児童との交流会など

 

募集対象  福島県内の小学生以下と付き添いの保護者

 

募集人員  児童20人 保護者10人以内

 

参加費用  保護者 1人 2万円  児 童 1人 1万円

 

募集時期  2015年6月23日(火)必着

 

      参加希望者は、名前(フリガナ)、年齢、性別、住所、電話番号(連絡の取れる電話)を明記のうえ事務局までFAXにて申込み下さい。

 

その他  希望者多数の場合は抽選とさせて頂きます。参加者が決定しましたら6月末日までに希望者全員に連絡させて頂きます。

 

主  催  さよなら原発徳島実行委員会

事務局  徳島人権・平和運動センター  

           770-0942 徳島県徳島市昭和町3丁目35-1

              Tel 088-623-2108  Fax 088-653-7001


[2014/8/12 更新] 2014年度、川遊びの動画(事業報告)

日和佐川での、子どもたちの楽しそうな様子を動画で追加しました。

[2014/8/6 更新] 2014年度フォトギャラリー(事業報告)

事業開始から3回目となる今年もたくさんの方のご協力により、福島の子どもたちを徳島へ招くことができました。

本当にありがとうございました。

期間中の写真の一部をアップします。子どもたちの楽しそうな様子を見てください。

 

他の写真や動画は、また後日にアップできるように準備します。

[2014/5/20 更新] 第3回交流事業の実施について

第3回福島から徳島へ・子どもふれあい事業開催要領

 

目  的  東日本大震災・福島原発事故による心身の疲労を回復し、元気な姿を取り戻してもらう事を目的に実施する。

 

日  程  2014年7月28日(月)~8月2日(土) 5泊6日

       7月28日 福島空港発(0940)→大阪伊丹空港着(1050)→徳島着(1400

       8月 2日 徳島(1130)→大阪伊丹空港(1540

→福島着(1650

 

宿泊場所  サンシャイン徳島アネックス(7月28日~29日 1泊)

日和佐うみがめ荘(7月29日~30日 1泊)

      月見ガ丘海浜公園(7月30日~8月2日 3泊)

 

行  事  海水浴、川遊び、うみがめ博物館、徳島動物園(遊園地併設)

阿波おどり会館、月見ガ丘海浜公園、地元児童との交流会など

 

募集対象  福島県内の小学生以下と付き添いの保護者

 

募集人員  児童20人 保護者10人以内

 

参加費用  保護者 1人 2万円  児 童 1人 1万円

 

募集時期  2014年6月23日(月)必着

 

      参加希望者は、名前(フリガナ)、年齢、性別、住所、電話番号(連絡の取れる電話)を明記のうえ事務局までFAXにて申込み下さい。

 

その他  希望者多数の場合は抽選とさせて頂きます。参加者が決定しましたら6月末日までに希望者全員に連絡させて頂きます。

 

主  催  さよなら原発徳島実行委員会

事務局  徳島人権・平和運動センター  

           770-0942 徳島県徳島市昭和町3丁目35-1

              Tel 088-623-2108  Fax 088-653-7001

[2013/11/18 更新] イベント案内

「NO NUKES えひめ

 ~福島を忘れない!伊方を稼働させない!」

 

 と き:2013年12月1日(日)

      10時スタート

 ところ:松山市堀之内

      城山公園やすらぎ広場

 

福島での原発事故を忘れず、伊方原発の再稼働をさせないために、

多くの人たちが愛媛県松山市に集まります。

当日は、音楽演奏やトーク、手作りの食べ物飲み物の屋台など

たくさんのことが企画されています。

 

これを機会に、多くの方と原発のことを考えましょう。

未来の子どもたちのためにも、私たちは目を背けるわけにはいきません。

 

愛媛県松山市での開催で、少し遠いかもしれませんが是非ご参加ください。

 

さよなら原発徳島実行委員会でも、バスでの参加者を募っています。

お弁当付きでお一人3,000円です。

バスの定員の関係もありますので、参加を希望する方はお早めに事務局まで

お問い合わせください。

[2013/8/19 更新] 2013年度フォトギャラリー追加

[2013/8/15 更新] 2013年度フォトギャラリー

今年もたくさんの方のご協力により、福島の子どもたちを徳島へ招くことができました。

本当にありがとうございました。

期間中の写真をアップします。子どもたちの楽しそうな様子を見てください。

[2013/6/19 更新] 2013年度の事業実施について

 

 

昨年度大好評だったこの企画、今年も実施が決定しました。

 

概要は「企画概要」ページに記載しました。

 

申し込み締め切りは6月21日ですが、もうすでに問い合わせが何件も寄せられています。

応募者多数の場合は抽選になります。

 

 

今年もカンパ活動に取り組みます。

 

夏休みの一時、福島の子ども達に徳島でおもいっきりリフレッシュしてもらいたいと思います。

 

皆さまのご協力、どうかよろしくお願いします。

 

 

 

[2013/5/14 更新] 2013年度のホームページ更新

      2012年7月29日~8月4日に実施した本企画では、たくさんの方ご協力により

      子どもたちの本当にうれしそうな表情が見ることができました。

 

大好評だったこの企画、今年も実施します。

 

       福島では、放射線の心配は過ぎ去った過去のものではありません。

       いまだにそこにあるものです。

       夏休みのほんの一時ではありますが、徳島の地でおもいっきり

       リフレッシュしてもらいたいと思います。

 

       つきましては、今回もカンパ活動に取り組みます。

  

     どうかこの事業の趣旨をご理解いただき、皆さまのご協力をお願いいたします。

 

 

 

「更新情報」レイアウトの変更について

  以前は、「更新情報」の新しい記事が最下段にきていましたが、見にくいので

  新しい記事が最上段にくるように変更しました。

[6/25 更新] サイトを公開します。

 震災後、福島県では日々、放射線量を気にしなが

ら生活を余儀なくされている人など、多くの人々が

不自由な生活を過ごさざるを得ない状況が今も尚、続

いています。

 特に、福島の子どもたちは外出する際、長袖の服

を着て大きなマスクをつけて、思いっきり外で遊ぶ

ことすら難しい日々を送っております。

 そんな子どもたち・保護者にとって少しでもでき

ることがないかと夏休み期間中徳島の地に招待し、

心身の疲れを癒し、元気な姿を取り戻してもらいた

いという思いで計画を実行しております。

 この事業を成功させるために、カンパという形で

ご協力いただける方を募集しております。

 

[7/8 更新] 徳島駅前にてヒルストーンさんとともにカンパ活動に取り組みました。

ヒルストーンの歌声に多くの方が歩みを止めて、カンパにも協力してくれました。

本日だけで、11万円あまりのカンパが寄せられました。

本当にありがとうございます。しかし、まだまだ必要経費まで達しておらず、これからもカンパ活動にがんばります。

 

「ヒルストーン」

福島県出身の石田君と岡田君のフォークデュオ。結成後、JRいわき駅前でストリートや多くのイベントに出演。東日本大震災後、石田君の父の実家がある徳島に拠点を移し、全力で活動中。

[7/12 更新] 徳島市立文化センター会議室で実行委員会を開催しました。

この29日には、福島から子どもたちがやってきます。

また、22日には徳島市立文化センターで「さよなら原発県民大集会」を行います。

本番前の実行委員会を開催しました。

 

「さよなら原発県民大集会」於、徳島市立文化センター

 7月22日(日) 13:00~ オープニングイベント(ヒルストーンのライブがあります)

          13:30~ 開始

   参加費:500円

 是非、お越しください。一緒に脱原発の声をあげましょう。

 

「福島から徳島へ・子どもふれあい事業 徳島駅前カンパ行動」於、アミコエスカレータ前

  7月28日(土) 12:00~  

 

[7/12 更新] 現在のカンパ合計額

7月12日現在   333,164円

 

 必要経費  約320万円

 

現在も、手渡しでカンパしてくださる方、匿名で振り込みをしてくださる方、いろんな方から

カンパが集まっていますが、まだまだ必要経費に達していません。

22日の「さよなら原発県民大集会」でもカンパを集めます。どうかご協力をお願いします。

[7/28 更新] 現在のカンパ状況

7月22日の「さよなら原発県民大集会」でも会場カンパを募りました。

たくさんの来場者からご協力をいただきました。本当にありがとうございます。

 

また、本日も正午から徳島駅前において、街頭カンパ活動に取り組みました。

駅前を通行中の方や、通りの向こうやバス・タクシーの中からわざわざカンパ箱の近くに寄ってきて くれたりして、多くの人にご協力いただきました。本当にありがとうございます。

 

 

郵便振替や手渡しカンパなど、詳細の集計中ですが、28日現在で確認できているだけでも、

 

1,500,000円 は超えています。

 

まだ、必要経費の半分ぐらいですが、詳細は、集計でき次第、ご報告いたします。

 

明日29日の午後には、福島から大人子ども併せて27人が徳島にやってきます。

1週間あまりですが、徳島の豊かな自然などにふれて、しっかりとリフレッシュして欲しいと思います。

 

カンパは必要経費に達するまで引き続き集めますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

[7/29 更新] 福島の子どもたちが徳島に到着しました。

福島の子どもたちが徳島に到着しました。ようこそ徳島へ。

子ども16人、保護者11人の合計27人です。

 

阿波おどり会館での歓迎セレモニーでは、徳島市長から歓迎のメッセージをいただきました。

 

その後、阿波おどりの実演を楽しんだ後、ロープウェイで眉山山頂へ。

 

夕方はサンシャインアネックスで実行委員会との夕食交流会を行いました。

初日で長距離移動の疲れや緊張もあったと思いますが、皆さん、とっても楽しんでくれました。

[7/30 更新] 現在のカンパ状況

郵貯銀行などから振替・振込の先週末までの集計が届き、30日現在のカンパの集計ができました。

 

1,860,785円(7月30日現在)

 

です。必要経費まであと一息です。引き続き皆様のご協力をお願いいたします。

[7/30 更新] 福島の子どもたち2日目

子どもたちは朝から元気いっぱいです。

 

今日は、美波町のウミガメ博物館カレッタと田井ノ浜海水浴場へ行きました。

大浜海岸を見たときの皆さんの歓声がすごく印象に残っています。

 

子どもたちは、ウミガメに大興奮してました。

 

海水浴では、地元の子どもたちと合流し、一緒に遊びました。

「福島では放射能が気になってとても海には入られない。徳島は安心して子どもを泳がせることができる」ということをおっしゃる方もいました。

 

海が初めて、という子もおり、最初はおそるおそるだった子も最後は帰りたくないというぐらい遊んでました。

 

夕食のバーベキューも美波町の子どもたちと一緒に楽しみました。連絡先交換をした子もいたようです。

 

[7/31 更新] 福島の子どもたち3日目

今日は、日和佐川上流へ。

 

「川の学校」の方たちにお世話になり、1日中川遊びを楽しみました。

 

カヌーに乗ったり、エビや魚を捕ったり、普段なかなかできない体験をしてもらいました。

 

青空の下、おもいっきり遊んで、しっかりとリフレッシュしてもらいたいです。

 

 

[8/1 更新] 福島の子どもたち4日目

今日は、鳴門市の渦の道と土成町のたらいうどんへご案内しました。

 

ちょうど大潮の干潮時で、徳島市民の私も久しぶりに立派な渦を見ました。

子どもたちや保護者の方もダイナミックな渦にびっくりしていたようでした。

 

その後は、土成町のたらいうどんへ移動し、大きなたらいの中のうどんをみんなでいただきました。

[8/2 更新] 福島の子どもたち5日目

今日は、県西部、祖谷のかずら橋へご案内しました。

道中の大歩危・小歩危渓谷、なかなか他で見ることのできないかずら橋などに驚いたようでした。

 

最初は、おそるおそるだった子も、がんばって最後まで渡りきりました。

 

午後は、三好市の櫟生小学校の児童たちとカローリングなどをして交流しました。

別れ際は、お互いの姿が見えなくなるまで手を振ってました。

 

櫟生小学校の皆さん、本当にありがとうございました。

 

そして、妖怪屋敷を見学した後、鮎や祖谷そばの夕食をいただきました。

[8/3 更新] 福島の子どもたち6日目

最終日の今日は、松茂の月見ヶ丘海浜公園で一日遊びました。

 

水浴び場や海水浴、公園の遊具などでずっと遊んでいたようです。「帰りたくない」という子どもの声もちらほら。

 

午後には、佐古の「金剛」さんがこの事業を知って、「子どもたちにラーメンをごちそうしたい」という申し出を頂き、ご厚意に甘えました。金剛さん、本当にありがとうございました。

 

また今日は、以前の徳島新聞の記事を見て、「子どもたちの遊び相手などの手伝いをしたい」というボランティアの申し出をいただいていた文理大学生も駆けつけてくれました。

新聞記事を見て、自らボランティアを申し出てくれるこの大学生の行動力とボランティア精神に敬意を表したいと思います。本当にありがとうございました。

 

夕食は、最後のバーベキューを実行委員会のメンバーも集まって楽しみました。

夕食後、ちょうど練習をしていた阿波踊りの連を見学させていただきました。本番さながらの、鳴り響く鉦、空気がふるえる大太鼓などに子どもたちはど肝を抜かれてました。

 

[8/4 更新] 福島の子どもたち7日目(最終日)

長かった一週間も終わり、今日でお別れです。

子どもたちは、とても名残惜しそうでした。「まだ遊びたい」と何人もが言ってました。

 

みんなこんがり日焼けしてたくましくなってました。保護者の方は疲れたかもしれませんが、子どもたちはしっかりリフレッシュしてくれたみたいです。

 

お別れ会では保護者のお一人から「本当にお世話になりました。事故後、私たちは日頃から放射能を不安に思いながら生活している。今回、徳島に来られて本当によかった。これから自分のできる範囲で、脱原発に取り組んでいきたい」という旨のお言葉をいただきました。

 

私たち「さよなら原発実行委員会」も、脱原発に向けて、たくさんの人たちと協力してこれからも粘り強く取り組んでいきます。

 

カンパをはじめ、この事業にご協力いただいたすべての皆さん、本当にありがとうございました。

 

 (カンパの集計額の報告などは、引き続きこのホームページで行います。よろしくお願いいたします。)

[8/4 更新] フォトギャラリー

期間中に撮った写真をアップロードします。

たくさんの方のご協力でこの事業を実現できました。本当に楽しそうな子どもたちの様子を見てください。

[9/12 更新] カンパ等の集計

カンパ等の総額が集計できましたので、お知らせします。

 

うれしい悲鳴ですが、本当に多くの方のご協力のおかげで、

すべてカンパでこの事業をまかなうことができました。

本当にありがとうございました。

 

  カンパ等の総額  4,295,400円

 

  事業への支出額  3,118,477円

 

  差し引きした額  1,176,923円

 

残った差引額については、次回の事業開催を検討するなど、

引き続き福島の子どもたちのために使わせていただきます。

 

また、この事業の報告紙を作成中です。

完成すれば、またお知らせいたします。

[9/19 更新] 報告紙完成

報告紙が印刷できました。

期間中の子どもたちの様子を知ってもらうために、できるだけたくさん写真を掲載しました。

 

カンパをいただいた方などに、事業報告として活用していきます。

わかる範囲で郵送等いたしましたが、もしまだ届いてない方がいらっしゃいましたら事務局までご一報ください。

[10/25 更新] 参加者からのうれしい便り

 

参加した子どもたちから、事務局へうれしい便りを送っていただきました。

こういうプレゼントをいただくと、事業を実施して本当によかったと感じます。

ほんわかと心が温かくなりました。

 

あまりにうれしかったので、写真をアップさせていただきます。